週刊デイリー月報

ツイッター複数アカウントにも飽きたらず (@gogatsubyyyo)

甘い蜜は常に流動している、身上話長文メール

・先日同じ日に数時間置かず自殺でご兄弟を亡くされた方からと、しのうとしてしにきれなかった方からメールを拝受した

・亡くされたご兄弟に少し私を重ねていたところへ、私がしのうとしたこととか描いたものだから、
甘い蜜を見つけて、なんとか生きてくれると思っていたところに、いつもの可愛い絵で、なんでもない一コマで死のうとしていて、本当にショックでしたと書かれてあった(無断で一部引用して申し訳ございません)

これはもう何と言い訳してもみっともなくて言い訳の域を脱しない気がする

みっともなく言い訳するなら、
「甘い蜜」(この世の居場所のようなもの)は、常に流動するもので、一度見つけたら泉のように湧き続け供給され続ける訳じゃないようなのです ということです。

それから私が本当に人生を楽しむのが下手なんだなあと、楽しそうに生きてる友達を見てたりするとつくづく思う

その子が話せば世界はそこらじゅう幸せやうれしいことや素敵な物事だらけのようなのだが、同じ世界にこうして住んでいるのに、私はなんか歪んでて恐ろしく見える色眼鏡を常にかけて生活してるみたいだなあと思った

・(また少し引用させて下さい)死んでしまいそうな人の周りにいる人間はどうしたらいいですか?何をしてほしいですか?何を期待していますか?とも書かれてあった

これはそれぞれのケースによるんだろうしめちゃくちゃ難しい事だと思うので今すぐにはわからないです。ごめんなさい。

自分でもしにたいとき、どうしてほしいのかわからないです

何ならしなせてほしかった

しのうとしてしにきれず、生き延び、目が覚めたときって、もっと、一度しんで生まれ変わったような感じなのかなと思っていたけどそうじゃなかった、生き延びてなお、しにたかった


・「うつヌケ」に、

「うつは 心のガンだ」
「うつはほうっておくと死に至る病です
『自殺』とは心のガンの症状のひとつでそれによる死は『その人の心の寿命だった』ーーと考えるべきなんです 
そうかんがえないと残された遺族や周囲の人が 命を救えなかったことで自分を責めるから」

と書かれてあったのを思い出しました(引用の抜粋の仕方がわかりづらかったらすみせん)


・そういったご自身の周囲の方を亡くされた方からのメールもしばしば頂くんですが、圧倒的にご自身の苦しい身の上を書き綴られたメールが届くことが多いです。
それによって何かしら楽になったりされるのであれば送って下さって結構なんですが、
「私の人生をマンガに描いてください」(本当にちょくちょく色んな方から届く)だけはずっと一律お断りしております。自分の事だけで手一杯すぎるので…
どうかご了承下さい

・そういったメール群に私は特に何もできていないのが歯痒くて昨日の夜「シェルターを作りたい」とか言ってしまったけど、また極端で的外れな事を言ったなあと一夜明けて思った
(自分らしいなあとも思った)

・メールだけでこんだけ全身全霊で感情移入しておいおい泣いてるような人間にシェルターは無理だろう
破滅しか待ってない

・ただ「傾聴」をしてくれる人が少ない、みんな何かしようとしてしまうがそうじゃない みたいなリプを頂いてて、そうかとハッとした
どうせ何もできないし、傾聴の姿勢で臨ませて頂こう
「半跏思惟ポーズで読もっかな」じゃない、足と手をおろせ
救おうとしたところで極端で的外れな事考えるだけだし

・そういや夏目漱石の随筆とか読んでると、
家に知り合いだけじゃなく知らない人(読者)が来て(!)、身の上話をしていくシーンがでてくるよね

家に来られないだけ楽なもんだろうと今日ふと思った