週刊デイリー月報

ツイッター複数アカウントにも飽きたらず (@gogatsubyyyo)

老いシリーズ~人の死にダメージ受ける~

時々ブログを拝読していて、私の本についてもブログを書いて下さった方の配偶者の方が亡くなったらしく、お会いしたことも無いのにまじで丸2日位おいおい泣きながら何も手に付かずすごしてしまって何で私がこんなことになってるんだ


過去のブログからも、そのご夫婦は本当に愛し愛されておられるのが伝わってきて、
人と人が愛し合えるなんてこの世でも稀有の奇跡なんだと私は思ってるので、それが叶っている方々には幸せであってほしいと思っているから、悲しかった
現実あんまりひどいと思った


そういや去年伯父が亡くなった時も、伯父が亡くなったのもだしいとこらの悲しんでる様子がショックで、ちかしい人の亡くなるということはこんな大変な事でしかも私にもあと2機(両親)残ってて、別れがいずれ訪れると思うと気が気じゃなくなった
いつまで一緒に居れるかわからないのに一人暮らしなんて二度とするかとさえ思った

前にも書いたが、私は中学までまじで通夜葬式って親戚が集まる楽しいイベントだと(万人にとってそうなのだと)思っていた

人の死に弱くなった
祖父母(祖母×2)、両親を少なくとも見送らないといけないと思うと気が遠くなるし、友達だっていつ亡くなるかわからないと思うと耐えられる気がしない


伯父が亡くなった後、伯母といとこに「大切な人の死を乗り越える」みたいなハードカバーの本を送った、送ってしまったという方が正しい
普段読者さんが送ってくださるハードカバーの本にハードカバー!分厚い本読むの苦手なのにすみませんアワワと困惑してるくせに、この様かよと思う

3冊注文して2冊先に届いて、レターパックにいれたらピッタリだったのでそれを送って残り1冊は手元にある
いずれ私がおいおい泣きながら読む事になるのだろうと思う