週刊デイリー月報

ツイッター複数アカウントにも飽きたらず (@gogatsubyyyo)

働かざる者食うべからずの呪い、「怒られ」

「働かざる者食うべからず」と育てられ、そのまま大人になった人は、これで働きは足りてるだろうか食うに値するだろうかとビクビクし続けるはめになる(個人の感想)し、その呪いは自分のせいじゃないのに、その呪いは自分で解かないといけないのだよな……

・「『怒られ』が発生する」て、怒られる事を天災みたいにとらえてるというツイートを以前に見かけてまさにそれ!!!!となったんだけど、本当に、何で怒られてるか全くわからない事で怒られるし、人はいつなんどき怒るかわからないものとしてビクビクしている
怒られは天災(自然災害とか)より頻繁に起きる天災

・つらいとか苦しいとか限界とかの語句で検索してたが「楽に生きる」とかで検索する方が有益な情報が得られる事がわかったのでポジティブに検索するのも手だと思います

・そうやって検索してたら「人生の期待値を下げる」というのがでてきてまさにそれ必要~~!!となったのだけど、それができずにいるのは「他人をものさしにしているから」だそうで、まさにその通りです~~!!となっている
「自分のものさし」、育てるの難しすぎ

・しかし言わせてもらうと他人をものさしにしなくてはいけない状況が幼少~小中学校位まであって、(高校はフリーダムすぎたので除外)何かにつけ「ついていけてない子」だった私は(みんなが教室移動してるのに気付かず一人電気消された無人の教室に取り残されたりしてた)常に他人が今何してるか、他人と比べて変なことしてないか、をものさしにしなくてはならない時期があったのだ
それが今の人格というか生き方というかに繋がってるのだ
集団行動今でも嫌いだが本当に無理嫌い

・8月の終わり、9月のはじめ、中高生の自殺の多い日に色んな方が何かしらメッセージを発信されて、大人超絶楽しいから大人になるまで生きてて良かったよ!と仰ってるのを尻目にしんどい…苦しい…と思いながら仕事の合間にしんどいとか苦しいとかもう無理とかで検索していて何か気のきいた事書きたかったけど自分の事で手一杯だった
キラキラした大人像じゃなくてごめんよ……ここは私のでる幕じゃないのかもしれん、キラキラしてる大人の方々の力をかりて、逃げたり私と共にダメになったりしながらどうにかどうにか