週刊デイリー月報

ツイッター複数アカウントにも飽きたらず (@gogatsubyyyo)

虚無、豊かさ

去年9月にお話頂いて入院中もネームやってた大きめの仕事の企画がひとつ無しというか保留というかになった

担当さんたちが私の事を大変尊重して下さってるご判断だという事がメールの文面から伝わってきたので有り難かった

とはいえここ数ヵ月のがんばりとこの企画のために買ったiPadを無にしてしまった
まあ完全に無になってしまうなんて事は無いんだろうけど

さらに今やってるそことは違う他社案件のネームも、実はまだ掲載が確約されていない

んだけど、
正気か?



かつてはマンガや絵を描く以外の好きなことといえば散歩だったのだけど何故かいつしか苦手になってそれらしいことをすれば気分が悪くなるようになってしまった


近所をフラフラして、トマソン物件を見つけたり、味わいのある光景を目にしたり、
作業持ってフードコートへ行き小中学生の会話に聞き耳をたてツイッターで実況したり、
電車とさらに何十分も歩いてダムや廃墟を見に行ったり
家の近くに有るひたすら真っ直ぐの長い道をひたすら考え事に没頭して歩くのが好きだった


何故20代のころのようにできないんだろうあの頃の余裕が無いんだろうと思っていたけど気付いた、単純に、当時と比べて「余暇」が圧倒的に無いのだ

曜日で休みが決まってないし、自主的に休みを設けてたら間に合わないスケジュール組んでしまってるし、「結果的休み(しんどすぎて結局何も手につかず結果的に休みとなった日)」しか休んでいない


父親が趣味的に英語を勉強していると書いたけど、英語の他にも毎日ギターを弾いていて、仕事以外の事でリフレッシュできるものをもっててえらいなあと思う

母親も主婦業や仕事以外に日本画を描いていて、見たい展覧会があれば日本画教室仲間と東京まで行ったりしていて、楽しそうだし豊かな感じがする


好きなことを仕事にできて、仕事ばかりしていれば豊かな人生なんだと思ってたけど、なんか違うっぽい
なんか、今後はもっと自分の人生を大事にできたら良いなあと思う